le
くに歯科ロゴ

きちんとなおす、とは。

 

歯の治療に携わってきて、思うことがあります。

「一度悪くなったら、もとにはもどらない」

あたりまえのことですが、大切なことです。

 

 

むし歯の治療は、「なおす」というよりも、「修復」です。

「修理」といったほうがいいかもしれません。

 

コップが割れたから、接着剤でくっつけよう。欠けてる部分を埋めて、水が漏れないようにしよう。これと同じなんです。

修理はできるけれども、もちろん、割れる前よりも弱いし、毎日使ってたらそのうち水も漏れてきます。コップは新しい物を売っていますが、歯は二度と生えてきません。

 

だから、一番大切なことは、

「修理しないといけない状態にしないこと」

「修理しないといけない所は、なるべく精密に処置をしつつ、長持ちする方法を考える」ことです。

ハブラシ

 

 

 

歯周病という病気があります。

一言でいうと、

 

「歯を支えている骨がなくなっていく病気」です。

 

いくら歯をきれいにしても、支えがなくなったら抜かないといけません。

 

悪いことに、歯周病は「痛くない病気」なので、発見が遅くなりがちです。

 

「ぐらぐらになってきた!」では、手遅れであることも多いのです。

 

「骨を守る、しっかりした治療」と、何よりも「予防」が大事です。

 

何にせよ、口の中は、「悪くなってから」ではいいことがありません。

 

たまには、チェックをしてみませんか?

 

→治療にあたって に進む